コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、テープのり「ドットライナー」シリーズより、コンパクトサイズで最後まで軽く引ける新機構を搭載した「ドットライナー プチモア」と「ドットライナー スモール」を、6月24日(水)から発売します。

テープのり「ドットライナー」シリーズは、2005年の発売以来多くのお客様にご愛顧頂き、テープのり市場における売上金額No.1(※1)の人気商品です。

今回発売する「ドットライナー プチモア」「ドットライナー スモール」は、「プリントをノートに貼るためにテープのりを常に持ち運ぶので、ペンケースにも入るコンパクトなものが欲しい」「小さくてもしっかり使える容量のあるテープのりが欲しい」という学生や社会人に向けてご用意しました。「プチモア」は10m巻(柄のりタイプは8m巻)、「スモール」は13m巻で、いずれも使い切りタイプとなっています。

また、コンパクトサイズのテープのりはテープの残量が少なくなると引き心地が重くなる傾向がありましたが、走行メカニズムを一新することで、最後まで軽く引けるようになりました(※2)。他にも、今まで以上にテープがたるみにくい逆転防止機構、開閉が簡単に行えるスライドキャップ、内部にゴミが入りにくい巻取り穴など、使い始めから使い終わりまで心地よく使える様々な工夫を施しています。

ラインアップは、大量ユーザーに嬉しいパック品や、かわいい柄のりタイプなど、合わせて7品番です。

(※1)2018年度事務用テープのり市場(メーカー国内出荷金額)(株)矢野経済研究所調べ(2019年6月現在)

(※2)当社従来品(タ-D910-07N)との比較

メイン画像.jpg