コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、収容力の高さと荷物の出し入れがしやすい機能性を備えた、シンプルで大人っぽいデザインの新モデルを、3月下旬より順次発売します。また発売に先立ち、コクヨの2023年モデルのランドセル全品を掲載したカタログの申し込み受付を本日より開始します。

(左)「Sports mixモデル」イメージ、(右)「Natural storyモデル」イメージ (左)「Sports mixモデル」イメージ、(右)「Natural storyモデル」イメージ

近年、新学習指導要領やGIGAスクール構想などの学びにおける環境変化や、衛生意識の高まりから小学生の持ち物が増加傾向にあります。それにより、収容量や丈夫さはもちろん、機能面など、より品質の良いものが求められる傾向にシフトしています。さらに、コクヨの調査によると、機能性に加えて、親子で納得のできるデザインを求める声が約43.7%聞かれます。(2020年12月/n=412)

そのような声に応え、2023年モデルでは、新たに「Sports mixモデル」と「Natural storyモデル」を発売します。派手なカラーやポップな印象を抑え、高学年になっても飽きのこないシンプルさや、ナチュラルなテイストを取り入れました。荷物をざっくり入れられ、低学年でも出し入れがしやすい約14.5cm幅の大マチは、業界最大級の容量です。クッション付き底板が付属しているので、タブレットの持ち運びにも安心です。バリエーションはそれぞれ本体色3種の計6品番をラインアップしています。また、近年、ランドセルが届いた際、開封している子どもの笑顔や喜んでいる姿を動画や画像にして残すことも家族のイベントのひとつとして楽しまれています。今回、メッセージ付きの化粧箱パッケージで梱包してお届けすることで、開封時のワクワク感をさらに演出します。

■発売予定:2022年3月下旬から順次
■メーカー希望小売価格(消費税抜):オープン価格

「Sports mixモデル」、「Natural storyモデル」共通の特長

 

スマート大容量

大マチのタテ幅約14.5㎝で大容量。荷物をざっくり入れられ、出し入れがしやくなっています。あまり使われていない前ポケットをスリム化することで、スマートながら大容量を実現しました。ヨコ幅も約23.5㎝とA4フラットファイルが入ります。

スマート大容量

クッション付き底板付属
硬質クッションでランドセルに入れたPC・タブレット端末にかかる衝撃を緩和できます。  (弱粘着両面テープ貼付け)
クッション付き底板付属
“開封の儀”のワクワク感を演出する化粧箱パッケージのメッセージ
商品を梱包する化粧箱のパッケージは、子ども自身でも開封しやすい横置き形状です。開封する過程で出てくる箱に書かれたメッセージは、ランドセルが届いて、箱を開け、取り出す “開封の儀” のひとときに、さらなるワクワクをプラスします。
“開封の儀”のワクワク感を演出する化粧箱パッケージのメッセージ
「Sports mixモデル」 ラインアップ

近年ファッションに取り入れられるスポーツテイストのようなシンプルで落ち着いた世界観のデザイン。背面にはスタイリッシュな印象のシンプルな縦ステッチを施し、側面には、差し色となる革色のアクセントと、個性が光る細かいギザギザのステッチをあしらいました。

「Sports mixモデル」 ラインアップ

「Natural storyモデル」 ラインアップ
ナチュラルテイストで落ち着いた世界観のデザイン。背面には優しい印象のシンプルなステッチを施し、側面にはニット編みを思わせる型押しでナチュラルな世界観を演出しています。前締めと持ち手に差し色となる革色をアクセントとしてプラスしています。
「Natural storyモデル」 ラインアップ