最多裁断枚数60枚を実現したロータリー式ペーパーカッターを発売

最多裁断枚数60枚を実現したロータリー式ペーパーカッターを発売

刃を紙に強く押し付けられる「サポートハンドル」と刃を往復させるときの摩擦力を軽減する「摩擦低減ローラー」で最多60枚裁断可能な「ペーパーカッター(ロータリー式・60枚切り・チタン加工刃)」を、8月14日(水)から発売します。

2013年に発売した「チタン加工刃」を採用したロータリーカッターは、切れ味の良さと、その切れ味が2倍長続きすることから(当社従来品比)、本年6月末時点で累計販売数10万台以上と大変好評をいただいています。

一方で、従来のロータリーカッターは、多くの枚数を裁断する際、刃を強く押し付けなければならず、操作が重くなりすぎてしまうため、女性など力の弱い方には使いにくいという不満がありました。

今回発売する商品は、「チタン加工刃」に加え、テコの原理で刃を強く押し付け、1往復あたりの裁断枚数を多くできる「サポートハンドル」と、レールとスライダーの間に往復にかかる力を軽減する「摩擦低減ローラー」を搭載することで、最多60枚を裁断することができます。また、本体に設けている替刃など消耗品を収納するスペースのカバーを半透明にすることで、取替部品の置き場所を分かりやすくしました。バリエーションはA3サイズ、A4サイズの2種類をラインアップしています。

商品の詳細は、ホームページでご確認ください。

https://kokuyo.jp/pr/papercutter_r/

働く女性向けファイル「ハードクリヤーホルダー〈モッテ〉」を発売

働く女性向けファイル「ハードクリヤーホルダー〈モッテ〉」を発売

 

書類を手軽に持ち運びできる働く女性向けのファイルシリーズ「MOTTE(モッテ)」より、大切な書類を守る丈夫でしなやかなファイル、「ハードクリヤーホルダー〈モッテ〉」を、8月14日(水)から発売します。

近年、女性就業者の数は増加の一途をたどっています。コクヨが2018年に女性就業者を対象に行った調査(n=294)によると、クリヤーホルダーを持ち運ぶ際の不満として「バッグの中でクリヤーホルダーや書類が折れ曲がる」が最も多く挙げられました。

そこで、クリヤーホルダーに丈夫な板を加えることで、大切な書類が折れないように保護できる「ハードクリヤーホルダー<モッテ>」を開発しました。保護板は丈夫でありながらしなやかさもある、ほどよい厚さなので、バッグからの出し入れもスムーズに行えます。また、コーナーには書類が落ちにくい脱落防止ストッパーをもうけました。

ラインアップは、仕切りの両サイドにポケットがあるA4サイズと、見開きでA3サイズの書類も収容でき、左右で分類が可能なダブルポケットタイプのA3見開きサイズの2種類です。それぞれ6色の定番カラーに加え、A4サイズには5色の限定カラーをご用意しました。また、クリヤーブック〈モッテ〉(既発売)の限定カラーも、同時に発売します。

 

商品の詳細は、下記ホームページをご確認ください。
https://kokuyo.jp/pr/motte_hch/

移動間仕切り「リボルビングウォール クロス」を新発売

移動間仕切り「リボルビングウォール クロス」を新発売

オフィス用途に応じて空間演出ができる移動間仕切り「リボルビングウォール クロス」を、2019年7月末から発売します。

「リボルビングウォール クロス」は、ガラスによる開放感を保ちつつ、優れた遮音性により空間を仕切ることができます。また、パネルの角度を回転させ設置することで開放的な空間に変化をさせることもできます。
会議室だけの用途ではなく、大人数のセミナーやイベント使用など、素早く簡単に空間の用途を変換することが可能です。
さらにコクヨオリジナルの機能である「ワンタッチシール機構」により、回転するパネルの設置時には、別体の操作ハンドルが不要で、ワンタッチで天井・床に密接することができます。

 

    

 

詳細は下記ホームページでご覧ください。

「コクヨの建材」

 

ソフトリングのダイアリーが新登場!

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、独自開発の柔らかい樹脂製リングを採用した「ソフトリング®ノート」シリーズから、2020年版ダイアリーを、9月上旬から順次発売します。

「ソフトリング®ノート」は、リングノートでありながら、筆記時にリングが手に当たっても気になりにくく、ページの端まで記入しやすいことでご好評いただき、2015年3月に発売以降、今年6月末までに累計販売数1,170万冊を突破している新感覚のノートです。

商品の詳細は、ホームページでご確認ください。

https://kokuyo.jp/pr/softringdiary/

「コクヨデザインアワード2020」を開催

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、使う人の視点で優れたデザインを、広く一般ユーザーから集めて商品化をめざすデザインコンペティション「コクヨデザインアワード2020」を開催し、2019年7月19日(金)から10月18日(金)まで作品を募集します。

「コクヨデザインアワード」は、2002年の創設以来今回で17回目(2010年開催のみ休止)となり、これまでに受賞作品の中から「カドケシ」や「キャンパスノートパラクルノ」、「和ごむ」、「なまえのないえのぐ」、「本当の定規」などのヒット商品が誕生しています。
前回(第16回)の応募件数は合計1,289点、日本以外の国からの応募比率が4割を超え、プロダクトデザインの国際コンペティションとしても成長しております。

今回の募集テーマは『♡』です。
あえて『♡』の読み方は設定していません。この『♡』という記号をどのように読み、解釈するかは、応募者に委ねています。『♡』の持つ温度感を意識しながら、できるだけ自由に想像を広げていただきたいと思います。

詳しい募集要項は、7月19日よりコクヨのホームページ、各種SNSで公開いたします。

http://www.kokuyo.co.jp/award/

「キャンパス まとめがはかどるノートふせん」を発売

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、学習した内容をノートにまとめる際の「あと数行が書ききれない」「復習での気づきや先生のコメントを書きたしたい」というシーンで役立つ、「キャンパス まとめがはかどるノートふせん」を、6月12日(水)から発売します。

  4つのポイント  

1.キャンパスノートと同じ原紙だから、一体感があって見やすい
2.きれいに書ける、両面ドット入り罫線
3.のり付きなので簡単につけたせ、ミシン目に沿って折り返してきれいにしまえる
4.ノートと一緒に持ち運びやすい、カバー付き
商品の詳細は、下記ホームページでご確認ください。  http://kokuyo.jp/pr/note-husen/

「キャンパス スタディプランナー(ノート)」を発売

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、勉強のスケジュール管理に便利な罫線を採用した「キャンパス スタディプランナー(ノート)」計10品番を、6月12日(水)から発売します。

「キャンパス スタディプランナー」は、昨年6月にルーズリーフタイプを発売以来、テスト前や受験勉強などのスケジュール管理に役立つと好評のシリーズです。

ラインアップは、その日1日の勉強内容を確認できるデイリー罫と1週間の勉強内容を一覧で確認できるウィークリー罫の2タイプがあり、サイズはセミB5とA5の2種類です。カラーバリエーションは、デイリー罫がグレー・ライトピンク・ミントグリーンの3色、ウィークリー罫がブルー・ピンクの2色の計10品番です。

○商品ページURL:https://kokuyo.jp/pr/studyplanner/