軽量チェアー「KATE(ケイト)」を発売~「場をつくる」を、より自由にポジティブにする~

~軽快なデザインと軽量なコクヨ独自チェアー~

発表日:2019/11/01

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、軽量で持ち運びしやすく、ラウンジやコミュニケーション空間に調和する軽量チェアー「KATE(ケイト)」を、2020年2月初旬から発売します。

今回発売する「KATE」は、実用金属の中では、鉄などに比べて軽量のマグネシウムを採用しており、1台当たりの重量約2.3㎏の軽量化を実現した軽量チェアーです。
驚くほどの軽量感なので、ラウンジや多目的スペースなど多様なレイアウト設定を行う空間で、人数増減時にスピーディーに、持ち運びやレイアウトセッティングができます。
また空間全体に軽快な印象を与えるようなデザインを採用し、4本脚の脚部の直線的なデザインと、背座の緩やかなカーブで、全体のフォルムをすっきりとした仕上がりにしています。
バリエーションは、ヌードタイプと座パッド付タイプの2種類とともに、5色のカラーバリエーションを用意しました。また最大4台までのスタッキングが可能です。

写真:軽量チェアー「KATE(ケイト)」

○発売予定:2020年2月初旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格): ヌードタイプ 59,800円~、座パッド付タイプ 66,600円
○年間販売目標 :1億円

軽量チェアー「KATE(ケイト)」の特長

1.驚きの軽量感で持ち運びしやすい
オフィスでのイベント開催時のレイアウト変更や、ラウンジや多目的スペースでの人数増減を、スピーディーに対応することができます。チェアー本体は、設定位置や向きを安定しやすい4本脚タイプですので、平滑性の高いフローリング等の空間でも、安定して座わることができます。

写真:(左から)ヌードタイプ、座パッド付きタイプ

2.比重1.7のマグネシウムを採用
鉄などに比べて比重が小さいマグネシウムは、実用金属としては最も軽い材料とされています。また高い比強度や比剛性を備えており、軽量ながら強度を保てるのが特性です。
軽量なため楽々とスタッキング(最大4脚まで)ができ、さらに持ち運びやレイアウト設定等が簡単に行えます。

写真:スタッキングイメージ

※商品紹介サイト;https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/kate/
※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594

チェアーシリーズ「Plocka(プロッカ)」を発売

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、カフェやラウンジにマッチし、多彩な色合いから選べる背座別体タイプ゚のチェアーシリーズ「Plocka(プロッカ)」を、2020年1月初旬から発売します。

今回発売する「Plocka」は、3種の脚タイプ(4本脚、ハイチェアー、木脚)をベースに、樹脂やクッション(布、レザー張り)、成形合板の座タイプと、樹脂と成形合板の背タイプの豊富なバリエーションから、空間用途に合わせて組み合わせることができます。そのバリエーションは238通りあり、カフェやラウンジ等、多様な空間イメージに対応することができます。
また細部にわたる工夫として、厚みのあるクッションを備えた座を採用するとともに、チェアーを引く際に気になる床との「びびり音」を軽減する脚端(4本脚、ハイチェアー)を用い、座り心地や快適さを追求しました。 さらに空間のスペース効率に配慮し、4本脚、ハイチェアーのタイプは、スタッキングが可能です。

写真:チェアーシリーズ「Plocka(プロッカ)」
○発売予定:2019年12月初旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):4本脚タイプ 29,500円~、ハイチェアー 45,500円~
木脚タイプ 58,000円~
○年間販売目標 :2億円

チェアーシリーズ「Plocka(プロッカ)」の特長

1.多様な空間イメージに対応する238通りのバリエーション
3種の脚タイプをベースに、座は樹脂・クッション(布、レザー張り)・成形合板の3タイプ、背は樹脂と成形合板の2タイプ、脚の塗装は白、黒、メッキから選べます。インテリアや用途に応じて、多様なバリエーションから選択することができます。

写真:(左から)4本脚、ハイチェアー、木脚の各タイプ
2.使い心地に配慮した細部にわたる工夫
スペース効率に配慮し、スタッキングが可能です。また、チェアーを移動する際のびびり音を軽減する脚端を採用しています。加えて長時間のミーティングでも快適に座れる座面を採用し、ゆとりのあるワイドでスクエアな座面が体圧を分散させ、心地よく体をサポートします。長時間の着座に対応できるよう、布、レザー張りの座には十分なクッション性をもたせています。

 写真:(左から)座面、スタッキングイメージ
※商品紹介サイト;https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/plocka/
※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

~フレキシブルに「仕切る」「囲う」~ シェルフシリーズ「JUKE(ジューク)」を発売 ~19㎜角フレームのシンプルなデザイン~

コクヨ株式会社は、ユニットの組み合わせで、フレキシブルに空間を仕切ることができるシェルフシリーズ「JUKE(ジューク)」を、12月下旬から発売します。

今回発売する「JUKE」は、開放感あるオフィス空間を、ユニット化したシェルフを組み合わせて、オフィス空間を仕切ったり、緩やかに囲われたスペースを構築できるシェルフシリーズです。
基本ユニットとして、ストレートタイプ、高さ違いタイプ、コーナータイプを取り揃え、レイアウトに応じて、段数や棚板、サイドパネル、バックパネル等を選択し、組み合わせます。
カラーバリエーションとして、フレーム色はブラックとホワイトグレーの2色、棚板はフレームと同色の2色に加えて木目色が2色の計4色をラインアップしています。オフィス空間の用途やインテリアに合わせて、フレキシブルに構成し、そしてリズミカルな雰囲気を演出することができます。

写真:シェルフシリーズ「JUKE(ジューク)」
○発売予定:2019年12月下旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):基本ユニットストレートタイプ/シングル2段2連 87,100円~、他
○年間販売目標 :2億円

シェルフシリーズ「JUKE(ジューク)」の特長

1.19㎜角フレームと棚板のシンプルな組み合わせ
オフィス空間の雰囲気になじむ、細めの19㎜角フレームを採用。バリエーションが豊富なユニットを組み合わせ、スペースに最適なレイアウトが可能です。棚板やパネルの組み合わせによって、自在に空間の「抜け感」を演出できます。棚板とパネルは、
木目とスチールの2種類を用意しました。
写真:(左から)フレームと棚板、サイドパネルとバックパネル
2.働き方に配慮した機能的なユニット
各ユニットには、アジャスターがついており、設置時の不陸調整ができます。また、フレーム下には隙間があるため、棚下配線も可能。シェルフにインテリア小物などを配置することで、オフィス空間を楽しく、リビングテイストに演出することもでき、オフィス空間の活用方法を簡単に広げることができます。
 
写真:(左から)脚部のアジャスターと棚下、レイアウトイメージ
※商品紹介サイト;https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/juke/
※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください

~心地よい姿勢で「個」のパフォーマンス向上~ ソロワークブース「dop(ドップ)」を発売 ~“自分らしさ”のワークスタイルを実現~

コクヨ株式会社は、集中ワークやリラックスモード等での心地よい姿勢を調整できるソロワークブース「dop(ドップ)」を、2020年2月初旬から発売します。

今回発売する「dop」は、オープンで開放感があるオフィス内で、個人ワークでの集中ワークやリラックスモードでの思考をサポートする、ソロワークブースです。
「dop」は、仕事内容(集中、パソコンやタブレット操作等)やモードに合わせて、身体を前傾の姿勢や後傾の姿勢をとれるように、無段階に調節が可能なリクライニング機能を備えています。
リクライニング機能は、座面や背もたれが連動して可動し、ヘッドレストやフットレスト付きなので、身体全体をしっかりとサポートすることができます。また個人のワークができるテーブルやサイドテーブル、小物収納ポケット等も備えています。バリエーションは、コンパクトタイプ(パネル無し)、スタンダードタイプ、プロフェッショナルタイプの3タイプを用意し、カラーも4色用意しました。

 
写真:ソロワークブース「dop(ドップ)」
○発売予定:2020年2月初旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格): コンパクトタイプ 554,000円、他
○年間販売目標 :1億円

ソロワークブース「dop(ドップ)」の特長

1.リクライニング機能で自由な姿勢で身体をサポート
個人ワークでの集中時には、前傾姿勢へ。気楽にアイデア出しやリラックスする時は、後傾姿勢へ。無段階に調節可能なリクライニング機能を搭載しており、ワークスタイルに合わせて姿勢を自由に変えることができます。身体を包み込むフットレストや高さ調節可能なヘッドレスト付きです。
写真:(左から)スタンダートタイプ、前傾姿勢、後傾姿勢の各使用イメージ
2.姿勢にフィットする高機能テーブル
ゆとりのある天板は、昇降・平行移動・チルトすることで、リクライニングした姿勢にも対応できます。また、天板表面は、机上物が滑りにくい素材を採用しました。
 
写真:(左から)天板の動作イメージ、ブース内の使用イメージ
※商品紹介サイト;https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/dop/
※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。
写真:ソロワークブース「dop(ドップ)」
○発売予定:2020年2月初旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格): コンパクトタイプ 554,000円、他
○年間販売目標 :1億円

ソロワークブース「dop(ドップ)」の特長

1.リクライニング機能で自由な姿勢で身体をサポート
個人ワークでの集中時には、前傾姿勢へ。気楽にアイデア出しやリラックスする時は、後傾姿勢へ。無段階に調節可能なリクライニング機能を搭載しており、ワークスタイルに合わせて姿勢を自由に変えることができます。身体を包み込むフットレストや高さ調節可能なヘッドレスト付きです。
写真:(左から)スタンダートタイプ、前傾姿勢、後傾姿勢の各使用イメージ
2.姿勢にフィットする高機能テーブル
ゆとりのある天板は、昇降・平行移動・チルトすることで、リクライニングした姿勢にも対応できます。また、天板表面は、机上物が滑りにくい素材を採用しました。
写真:(左から)天板の動作イメージ、ブース内の使用イメージ
※商品紹介サイト;https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/dop/
※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

~デザイン性と遮音性を両立したガラスパーティション~ 「プランナーウォールRAYS-EXE(レイズ-エグゼ)」を新発売 ~高級感のあるエグゼクティブ空間を実現~

コクヨ株式会社は、ガラスパーティションの新シリーズとして、高級感を備えたガラスパーティション「プランナーウォールRAYS-EXE(レイズ-エグゼ)」を、11月初旬から発売します。

2017年に発売開始した「プランナーウォールRAYS」は、スリムなデザインのガラスフレームと、透明度にこだわったガラスジョイントが特長の70mm厚のガラスパーティションで、発売以来、大変好評を頂いており、多数の採用実績があります。
今回発売する「プランナーウォールRAYS-EXE」は、130mm厚のダブルガラス仕様で遮音性能51.8db※を備えており、デザイン性と遮音性を両立しました。また、ガラス内にブラインドの設置も可能で、デザイン性と高級感を備えた会議スペースや応接スペースをはじめ、執務空間を演出できます。
さらに、当社の「RAYS」(70mm厚)と「RAYS-EXE」(130mm厚)を組み合わせて、オフィス内の役員会議室や共用会議室などの空間用途(遮音性能)に合わせたレイアウトが可能です。
※データは試験場における実測値です。納品状態における保障値ではありません。

写真:「プランナーウォールRAYS」のイメージ図

 

○発売予定:2019年11月初旬
○メーカー希望小売価格(消費税抜):工事単位ごとにお見積もり
○年間販売目標: 5億円

「プランナーウォールRAYS-EXE」の概要

1.コーナーのL型アルミジョイント
精度が求められるコーナー部には、すっきりと見えるL型アルミジョイント(パテント申請中)を採用。
ガラス越しに接着面を見せずにガラス端部を際立たせ、且つエッジ保護の役割も果たしています。2.シームレスにつながるガラスパネル
ガラスジョイント部は、従来、ハイクリアコーティングのみの納まりを、クリアアクリルテープで実現。
安定した仕上がり、スピード竣工、間仕切りのメリットである解体組立にも柔軟に対応します。3.高い遮音性能
130mm厚ダブルガラスの遮音性能は51.8db※。シンプルなガラスフレームと重厚感を醸し出し、高級感のある空間へご使用いただけます。
※データは試験場における実測値です。納品状態における保障値ではありません。
 
 本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

角度調整できる電動昇降テーブル 「SEQUENCE-TILT(シークエンスチルト)」を発売 ~STANDING WORK & TILT WORK~

コクヨ株式会社は、デスク天板の昇降と傾斜角度を調整できる電動昇降テーブル「SEQUENCE-TILT(シークエンスチルト)」を、12月初旬から発売します。

今回発売する「SEQUENCE-TILT」は、上下昇降機能に加えて、デスク天板の傾斜角度を調整できる機能を備えた、新しい発想の電動昇降テーブルです。
スタンディングワークでも座り姿勢でも、デスク天板の高さと角度を、一人ひとりの体格に合わせることで、身体にやさしい姿勢をサポートすることができます。
特に上半身が前かがみになりやすいパソコンワークでは、デスク天板を傾斜させることで首の前傾角度が垂直に近くなると共に、視線角度も改善します。
「SEQUENCE-TILT」は、オフィスワーカーの「すべての姿勢を叶える1台を。」をコンセプトに、既存の当社オフィスチェアー「ing」や角度調整型ワークステーション「UPTIS」等とともに、当社独自の健康的なワークスタイルを提案します。

写真:電動昇降テーブル「SEQUENCE-TILT(シークエンスチルト)」
○発売予定:2019年12月初旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格): 276,000円~
○年間販売目標 :5千万円

電動昇降テーブル「SEQUENCE-TILT(シークエンスチルト)」の特長

1.デスク天板の高さと角度を調整でき、心地よい姿勢へ導く
デスク天板に角度をつけることで、上半身の姿勢にもアプローチ。天板面が水平な昇降デスクと比べ、首の前傾角度がより垂直方向へ導かれて視線角度も改善します。
天板角度は0°(水平)~12°の間で、高さは68cm~129cmの間で任意に調整できます。
参考)早稲田大学 河合研究室、コクヨ共同調べ
SEQUENCE-TILT (天板高さ推奨設定※、天板角度12度)と、一般的な電動昇降デスク(天板高さ推奨設定※ 、天板角度0度の水平な天板)のノートPCでのタイピング作業時の比較(N=9)
※天板高さ推奨設定とは、
 ①水平な天板:立位で肘90度の高さ設定
 ②天板角度12度:天板端部を①に合わせた高さ設定です。
2.ソロワークの集中環境をサポート
使いやすさにこだわったデスクマットやカバンフック、エッジ等、ソロワークを充実させる機能が集中環境を実現します。
   
写真:(左から)デスクマット、カバンフック、エッジの使用イメージ
※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

オフィス家具製品等の価格改定を実施

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、オフィス家具製品等の価格改定を2020年1月1日(水)より実施いたします。

昨今、原材料価格の高騰、並びに人件費・物流費の上昇が製品原価を大きく押し上げる要因となっており、弊社のオフィス家具製品にも大きな影響を及ぼしております。
弊社では、各種合理化による価格維持に努め、お客様への価格転嫁を極力避けるよう最大限努力してまいりました。しかしながら、その影響が大きく企業努力だけでは吸収することが困難であると判断し、今後も引き続き商品を安定して供給させていただくため、誠に不本意ながら下記の通り価格を改定させていただくことといたしました。

○対象商品: 下記カタログ掲載のオフィス家具製品等の上代改定
2020年総合カタログ(ファニチャー編)
KiSPAカタログ
教育施設用家具カタログ
医療施設用家具カタログ
※アフターサービス部品を含む。

○実施時期: 2020年1月1日(水)より

○対象製品/改定率: オフィス家具製品(原価影響の大きい製品を中心に実施) 平均3~5%
建材製品(間仕切り) 平均3%

のり面にかわいい動物が出てくるドットライナーを限定発売

コクヨ株式会社は、独自の塗工技術でのり面にまでかわいい動物のデザインをあしらったテープのり「ドットライナーコンパクト(限定柄)」を、10月2日(水)より数量限定で発売します。

今回発売する限定柄ドットライナーは、女子中高生から大人の女性にまで人気の動物モチーフを、本体デザインだけでなく、のり面にも採用しました。
テープを引くと、のり面に動物たちが飛んだり、はねたり、転がったりしているシルエットが出てきて、プリント貼りや封かん作業などいつもののり付けのシーンに楽しさをプラスしてくれます。
本体には、手にころんと収まるように動物たちが描かれており、落ち着きのあるノスタルジックなカラーリングで幅広い世代の方に使いやすいデザインです。
ラインアップは、「うさぎ柄」「はりねずみ柄」「りす柄」「ねこ柄」の4種類をご用意しました。

 発売予定:2019年10月2日(水)
○メーカー希望小売価格(消費税抜): 本体 330円、リフィル 240円

日常にとけこむクリヤーブック「Glassele(グラッセル)」を発売

~傷が目立ちにくい表紙に、持ち運び、閲覧がしやすい工夫をプラス~

近年、頻繁に閲覧したり持ち運びをしたりして活用するフロー書類の増加から、クリヤーブックへのニーズが高まっています。そこで、手ごろな価格で使い勝手がよく、オフィスにも家庭にもなじみやすいクリヤーブックとして、「Glassele」シリーズを企画しました。

「Glassele」は、シボ加工表紙を採用したことにより、すり傷等が目立ちにくくなっています。またデザインのアクセントとして、表紙の内側には磨りガラスのようにやわらかく光をとりこむグレンチェック模様を施しました。背表紙の上下は角丸設計となっており、カバンへの出し入れの際に引っかかりにくい仕様です。表紙は360度きれいに折り返すことができ、書類が閲覧しやすいだけでなく、机上でもスペースを取りません。

ラインアップは、ポケットが固定式のタイプと替紙式のタイプを合わせて、全36品番です。いずれも、明るいカラーと深みのあるカラーを組み合せ、どんな空間にも自然になじむ配色を目指しました。

クリヤーブック「Glassele(グラッセル)」の特長

 

1. すり傷が目立ちにくい   

写真:さらさらシボ加工(表面)               写真:柄シボ加工(裏面)

表紙の表面には、すり傷等が目立ちにくい「さらさらシボ加工」を、裏面にはデザイン性の

高いグレンチェックの「柄シボ加工」を施しました。

2. カバンに入れやすい角が丸い設計

写真:角丸設計                                          カバンから出し入れする際に引っかかりにくい

カバンから出し入れする際に引っかかりにくく、出し入れしやすい角丸設計です。

3. 360度折り返し可能

写真:360度折り返し可能                          閲覧しやすく、スペースを取らない

表紙が360度折り返せる仕様で、閲覧しやすく、机上でもスペースを取りません。

 

 

最多裁断枚数60枚を実現したロータリー式ペーパーカッターを発売

最多裁断枚数60枚を実現したロータリー式ペーパーカッターを発売

刃を紙に強く押し付けられる「サポートハンドル」と刃を往復させるときの摩擦力を軽減する「摩擦低減ローラー」で最多60枚裁断可能な「ペーパーカッター(ロータリー式・60枚切り・チタン加工刃)」を、8月14日(水)から発売します。

2013年に発売した「チタン加工刃」を採用したロータリーカッターは、切れ味の良さと、その切れ味が2倍長続きすることから(当社従来品比)、本年6月末時点で累計販売数10万台以上と大変好評をいただいています。

一方で、従来のロータリーカッターは、多くの枚数を裁断する際、刃を強く押し付けなければならず、操作が重くなりすぎてしまうため、女性など力の弱い方には使いにくいという不満がありました。

今回発売する商品は、「チタン加工刃」に加え、テコの原理で刃を強く押し付け、1往復あたりの裁断枚数を多くできる「サポートハンドル」と、レールとスライダーの間に往復にかかる力を軽減する「摩擦低減ローラー」を搭載することで、最多60枚を裁断することができます。また、本体に設けている替刃など消耗品を収納するスペースのカバーを半透明にすることで、取替部品の置き場所を分かりやすくしました。バリエーションはA3サイズ、A4サイズの2種類をラインアップしています。

商品の詳細は、ホームページでご確認ください。

https://kokuyo.jp/pr/papercutter_r/